もえこのたわごとはきだめ

自分のためのオンライン無限メモ帳

タイ旅行2日目

2日目はHISで申し込んだ、"大好評セットプラン ダムヌンサドゥアック水上マーケット+昼から気軽にアユタヤ"という名のツアーで丸一日潰した。

集合が早朝6:45にBTSアソーク駅で、ホテルの朝食は6:30OPENだったので残念ながら食べられなかった。
6:30くらいに到着し、アソーク駅付近で朝食を求めてセブンイレブンへ。
f:id:m_8:20161002175257j:plain
セブンの前に屋台がいたので、試しに買ってみた。写真を撮り忘れたけど、薄めのパンケーキみたいなのに目玉焼きが包まれたやつで、30円くらい。美味しかった。
ちなみにコンビニはセブンが圧倒的に多い。ファミマとローソンも見掛けた。

バンコクはぱっと見は結構都会で日本とそんなに変わらない感じがするけど、屋台の文化が盛んで屋根すらないのもそこらじゅうで見掛けるし、歩道にテーブルがところせましと並んでいてそこが飲食店の座席になっていたりするし、ゴミが散乱、空気が悪いって感じで、衛生状態がいいとは言えない。
そして道路は広くて高架も多いが、渋滞が毎日尋常じゃない。
物乞いとか、渋滞している道路を練り歩いて運転者に物を売ろうとしてる人とかもいっぱいいる。従業員を過剰に雇いすぎな店も多い(笑)。いろんな面で日本より合理化が進んでないなと思った。
けどスマホは新しい型のiPhoneとかGalaxyをみんな持っていて、街中でソシャゲやLINEをしていた。日本と同じ。

セブンで買った普通の肉まん、70円くらいだったかな~
f:id:m_8:20161002180716j:plain

ゆいちむは屋根なし屋台に挑戦していた。今回の旅でわかったが、彼女はかなりのチャレンジャーだ。
f:id:m_8:20161002180812j:plain
おにぎりみたいな何かを手に入れていた。

日本語の話せるスタッフに導かれて観光バスに乗り込み、最初にココナッツファームに立ち寄った。

ココナッツから作られた砂糖を試食。黒糖みたいな味。
f:id:m_8:20161002181310j:plain
タイの田舎には、ココヤシが死ぬほどたくさんある。

ここに着いてバスを降りたとき、バスには乗っていなかったスタッフっぽい人が一眼レフで私らツアー客の写真を一生懸命撮りまくっていて、なんだろうと思っていたらその素材をものの10分ぐらいでプラスチック製の皿みたいのに印刷して売りに戻ってきた。(笑)
チラ見しかしていないが私の写真が勝手に使われてる皿もちゃんとあって、450円で売られていた。ツッコミどころが多すぎて面白すぎて欲しくなったけど、ちょっと目を離した隙に皿屋は撤退してしまった。あれは捨てられるんだろうな…

f:id:m_8:20161002181526j:plain
いろはすを買った。タイでは水道水が飲めず、ミネラルウォーターがむっちゃ安い。

お土産屋さんの様子
f:id:m_8:20161002181732j:plain
こういうお店では値札は付いておらず値切る形式。最初はとんでもない額をふっかけてくるので、ぼったくりに注意。
タイではスリも多いらしいので、人の多い場所では鞄の持ち方とポケットにも注意してください。

バスで運河に着いたと思ったら、前置きなくあれよあれよとエンジンボートに乗せられ、30分間の船旅開始
f:id:m_8:20161002182120j:plainf:id:m_8:20161002182415j:plain
水が汚い

f:id:m_8:20161002182445j:plainf:id:m_8:20161002182500j:plain
運河沿いに人が暮らしているらしく、運河の水で洗濯している人もいた。にわかに信じがたい。

f:id:m_8:20161002182646j:plain
水上マーケット発見!!
f:id:m_8:20161002182934j:plainf:id:m_8:20161002182719j:plain
が、エンジンボートは進むスピードが速く、買い物はさせてくれない。

追加料金600円を払って手漕ぎボートにも乗ってみた。
f:id:m_8:20161002183031j:plainf:id:m_8:20161002183057j:plain
ひしめきあうボート。

折り畳み式の変な帽子がよく売られていた
f:id:m_8:20161002183129j:plain
どの店も「オミヤゲ~ヤスイヨ~」と日本語のセールスが結構しつこい。
気になった商品を指差すと店主が物凄い形相でボートを停めにかかる。怖い。

f:id:m_8:20161002183435j:plain
食べ物系は例外なくハエがたかっている。

私らはマンゴーを買ってみた
f:id:m_8:20161002183601j:plain
これで300円くらい。安くて美味しかったが、温い。

そういえばボートを漕いでくれたおじさんが、口笛でずっと"上を向いて歩こう"を吹いてくれており、粋なBGMだった。

ボートを降りて、地上の市場を散策
f:id:m_8:20161002184055j:plain
腕を掴まれてまでセールスにあうし、パチモンだらけで、タイに本物のハイブランド品を身に着けてる人なんて誰一人としていないんじゃないかと疑うレベル。

そしてチャレンジャーゆいちむは、水上タイラーメン屋に立ち向かう。
f:id:m_8:20161002184518j:plain
ここ。やばくね?

f:id:m_8:20161002184543j:plain
調理中の様子。よくわからない具の赤い肉が怖い。

完成品がこちら
f:id:m_8:20161002184646j:plain
味は美味しかった。ゆいちむ強い。

観光バスでバンコク市内へ戻り、各自で昼食。"Terminal21"内のフードコートへ。
f:id:m_8:20161002185307j:plain

私が食べたのはこれ
f:id:m_8:20161002185150j:plain
太くて平たい米粉麺にあんかけがかかっている。からくない。100円しないくらい

あとこれ
f:id:m_8:20161002185347j:plain
おまんじゅう1個20円くらい。中身はタロイモ、黒胡麻、カスタード

モール内をうろついたあとまたバスに乗り、アユタヤ県へ。
そしてあれよあれよと、今度はゾウに乗せられる!
f:id:m_8:20161002185942j:plainf:id:m_8:20161002190128j:plainf:id:m_8:20161002190052j:plain
めっちゃ揺れるめっちゃ楽しいワロタ状態。これ900円くらいでできる。

f:id:m_8:20161002190403j:plain
道路を横断するゾウ

ゾウ乗りの従業員は、待ち時間中にゾウの上でダラダラ寝ながらスマホをいじったり煙草を吸ったりしていたし、ゾウ操縦中にもスマホを触ってる人もいた。そんななのにチップ要求してくるし。信じられない。日本人もそういう風になればいいと思う。

自分らがゾウに乗っている写真(500円くらい)を購入し、バスで遺跡へ移動。アユタヤは昔の王朝があった場所で、遺跡は世界遺産に登録されている。
f:id:m_8:20161002191205j:plainf:id:m_8:20161002191231j:plain
こんなような歴代国王のお墓やら
f:id:m_8:20161002191331j:plain
戦争で首をぶった切られた仏像がたくさんある。アユタヤ王朝は戦争でボロボロにされてしまっており、遺跡は綺麗ではなく退廃的な感じ。

f:id:m_8:20161002191641j:plain
これは有名な、ふっ飛ばされた仏像の頭が木の根っこに絡まっているスポットで、記念撮影をしている観光客が絶えずいる。

全長18mの涅槃像は綺麗に残っていた。布の服を着ている。
f:id:m_8:20161002192014j:plain

他にも綺麗に残っている箇所はある。
f:id:m_8:20161002192255j:plain
この高い塔の階段を延々のぼると
f:id:m_8:20161002192335j:plain
中に金色の仏様が8体いた。

この塔は外周を大量の仏像に囲まれている。塔の上からの景色
f:id:m_8:20161002192643j:plain
お坊さん発見!

ひたすら仏像
f:id:m_8:20161002192740j:plainf:id:m_8:20161002192754j:plain

礼拝所ではギャルっぽいお姉さんとかも裸足で静かにお参りしていて、タイ人の国民性を感じた。
f:id:m_8:20161002192910j:plain
タイの女性は本当にお洒落で、みんな髪形もお化粧もバッチリで可愛いです。

夜、バンコク市内でツアーは解散し、Terminal21内のタイ料理レストランで夕食
f:id:m_8:20161002193135j:plain
綺麗な感じ

トムヤムクン
f:id:m_8:20161002193153j:plain

グリーンカレー
f:id:m_8:20161002193207j:plain

パッタイ
f:id:m_8:20161002193220j:plain

この日私はタイ料理に目覚めた。どれも1品500円いかないくらいでめちゃくちゃ美味しい。グリーンカレーだけ辛味があった。

Terminal21内で閉店間際のジェラート屋さんに駆け込み2日目は終了
f:id:m_8:20161002193436j:plain

3日目につづく